【ディベート・考察】人間は心と見た目、どちらで判断するべきなのか。

お疲れ様でっす。かーくんです٩( 'ω' )و

今日は皆さんお休みでしたでしょうか。僕はシフト制のお仕事なのでしっかりお仕事をこなしてきました。

お仕事をしながらこんな記事も面白そうだなと思ったので、

今日は初の試み「1人ディベート」をやっちゃおうと思いマス!

人間は心と見た目、どちらで判断するべきなのか。

みんな「いや、心でしょ。」

ですよね!僕もそう思いました!では、今日はこんなところで!

ってなっちゃうじゃん。笑 もう少し深いところまで考えてみましょう。

確かに、結論は「心」かもしれないですね。

とんでもなく悪人ヅラなのにめっちゃくちゃいい人もいるし、その逆も然りです。

そんなことを語り出したらキリがなく、このディベート自体が崩壊してしまいます。

でも、「見た目」ってかなり大事だと思うんですよね。

それこそ一番最初に入ってくる情報って「見た目」ですし、

もっと言えば「見た目」が自分の中で最低ラインを超えていなかったら関わろうとも思わない方もいるはずです。僕も正直、あまりにも外見(顔と言う意味でなく、服装や清潔感)が受け付けられない人だと関わることすらも拒んでしまうかもしれません。

皆さんは「メラビアンの法則」と言うものをご存知でしょうか。

メラビアンの法則

人と人がコミュニケーションを取る際、印象を決定づける情報の割合が「視覚情報が55%、視覚情報が38%、言語情報が7%」と言うものである。

全てがこれに当てはまるわけでは無いですが、やはり「視覚情報(見た目)」が半分以上の55%を占めちゃっているんですね。

と、考えるとやはり「見た目」を疎かにするわけもいきませんよね。

となると、人を判断するときの最重要項目は「心」です!と言い切るのにも語弊があるような気もしますね。

僕なりのまとめ

「見た目は一次試験、心が二次試験」

これが僕のまとめです。なんか上から目線になっちゃってるような気もするんですが、悪しからず。

やっぱり「見た目」と「心」のどちらかだけに傾注するのはNG。

でも、「見た目」って勿論、先天的な「顔の造形」とかも含まれてるわけで、

正直どうしようもない部分もあるとは思います。僕自身、自分の顔に自信なんか持ててないですし。笑

そう言う人はやっぱり「心」の部分を磨くしかないと思うんです。人一倍知識を付けたり、お洒落を勉強したり、コミュニケーション力を付けたり!

人それぞれ、重要視する項目は勿論違います。

「見た目」の試験はとんでもなく厳しいけど、「見た目」の試験はゆるっゆる。

みたいな人の勿論いると思います。

誰に自分の魅力が伝わるか、なんて分かりませんから

いつでも最大限の自分の魅力を伝える準備をしておくことは重要ですね!

と言うことで、本日はこのくらいにしますっ!

おやすみなさい(_ _).。o○

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事