【現役美容師が教える】理想のヘアスタイルを叶えるために知って欲しい重要なコト

こんにちは!管理人のしゅんちゃんです。

実は僕のお仕事は「美容師」です。

今日は、そんな僕から美容室のことについてお話ししていこうと思います。

美容室・理容室を利用する全ての人に、理想のヘアスタイルにする為にお客様には伝えづらいけど、本当は知っておいて欲しいことをまとめさせていただきました。

美容室で失敗しづらくなる方法

①なりたいイメージを担当美容師と共有する

皆さん「こんな感じになりたい!」というイメージはお持ちかと思います。

その人の骨格や髪質、現在の髪の状態などでできるできないはあるものの、この【なりたいイメージをいかに担当美容師と共有させるか】がかなり大事です。

最近はインスタグラムなどSNSの普及によって、「こんな感じがいい」という画像を持ってきてくれる方は大勢います。画像がなければ、自分で書いた絵などでもいいです。

口頭だけでイメージを伝えると「思ってたのと違う」ことになる可能性は高いです。なんでもいいのでイメージを全力で伝えましょう。

②理想のヘアスタイルを得意とする美容師を選ぶ

今の時代、自分の得意とするスタイルをSNSにあげている美容師はたくさんいます。

得意なスタイルをSNSやホットペッパーに上げることで、その美容師のところにはそれをやりたい人が集まります。そうするとその美容師はもっとそのスタイルが上手になり、経験を積み、慣れていきます。

例えば「メンズパーマをカッコ良くかけたい」のであれば、メンズパーマを得意としている美容師のところへ指名で行くことが一番おすすめです。「なんでもお任せください!」という美容師は「何にも秀でていない」のと同じです。

近くの美容室で安いところを探して指名なしで行くのもいいですが、髪型の保証はできません。理想に近づけたいのであれば、それなりの時間とお金はかけなければなりませんね。

美容室を頻繁に変える人は、髪が綺麗ではない

続いては、「美容室をよく変えている人は、髪が綺麗に維持しにくい」ということをお伝えします。

まず、なぜ美容室を変えるのか?という話になってきますが、それは他でもない美容師の責任です

うまくいかず理想通りにならなかった、接客が不満だった、などあると思います。
後者に関しては、もう行かなくてもいいかな、とは思います。笑

しかし、前者の「理想通りにならなかった」場合、「次は他のところにしよう…」と考えるのは早いです。

なぜかというと、正直いって美容師も人間です。魔法使いではありません。初対面で、初めて髪質を見て、今までどんな薬でどんな施術をされてきたのかも全くわからない状況です。

一度来てくれたら、美容師は「この人はこういう髪質で、これに注意して、次からはこうしていけばいい感じになる!」とプランを立てます。そのために、美容室にはカルテも存在しています。美容師の仕事において、そのお客様に以前どんな薬剤を使っているか、履歴を知ることは最も重要な要素なのです。

今までの話を通して「今までどんな施術を美容室でしてきたかわからない状態」を何度も繰り返してしまう事はとても恐ろしく感じませんか?

一度担当してもらった美容師が、ある程度仕上がりが良く、接客なども不満がないのであれば、絶対にまた指名で同じ美容師のところへ行くことを強くお勧めします。

美容師業界では、【せめて3回は私にお任せして頂きたい】ということをよく耳にします。1、2回ではいい状態に持っていくことはなかなか難しいのです。。。

※残念なことに、どの美容師も同じ考えを持っているわけではなく、やる気のない美容師も存在します(汗)それを見極めるには、口コミを見るか、SNSを活用している美容師はほぼ大丈夫です!

まとめ:いつも髪が理想にならない方へ

いつもヘアスタイルが理想にならない方や、髪の傷みに悩んでいる方は、このブログに書いてあることを一度自分と照らし合わせてみてください!もし自分と当てはまっているところがあれば、きっと改善への第一歩になると思います。

あなたの理想を叶えてくれる素敵な美容師さんに出会えることを祈っています。

次回は、【カラーを長持ちさせる方法】です。お楽しみに〜

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事