【2020年7月】UVERworldを聞いてみて欲しい【管理人K】

新しい時代に足跡をつけるロックバンド

お疲れ様です。管理人Kです٩( 'ω' )و
ついにこの時が来ました。僕の大好きなロックバンド「UVERworld(ウーバーワールド)」を紹介する時が。中学時代から大好きなんですよ。本当に。

今回は第一弾ということでUVERworldを知らない人向けに、その魅力と共にYoutubeで無料で聴ける曲を中心に数曲紹介していきます。

魅力① 疾走感あふれるバンドサウンド

「いやどこまで走り抜けるん。」ってくらい疾走感があります。とにかく気持ち良い。ドライブ中に聞いてると何故かスピードが上がってるんですよね。そのくらい疾走感が気持ち良い。

では、まず「疾走感ぱねぇ」を味わえる曲を。

「Fight For Liberty」

もう疾走感の塊だったでしょ?ちょっと体揺れたでしょ?
少しでも揺れたなら、もうあなたはcrewです。ようこそ。笑

魅力② 音楽の多面性

大好きなアーティストの曲って「っぽさ」があるじゃないですか。例えば「UVERworldっぽさ」。もちろんUVERowrldも例外じゃないです。

しかし、UVERworldは「っぽさ」に臆することなく、様々なジャンルの曲をリリースしています。だから賛否両論はあれど、常に新しいジャンルのファンを獲得し続けているんだと思います。では、さっきとは一味も二味も違う曲をどうぞ。

「ODD FUTURE」

初めて聞いたときは「おいおい…どうしたんだよ。」って思いましたが、今となっちゃこれを聞いたら間違いなく毎回白目を向いてます。※テンションが上がるということです。

魅力③ アツいメッセージ

僕はこれを一番伝えたい。でもいつも「クサすぎる」って言われる。
だから自重して3番目に持って来たんです。笑

仕事に対しても、恋愛に対しても、遊びに対しても、
とにかく何に対しても良い意味で本気で取り組むのがUVERworldです。

その中でつい先日公開された僕の大好きな曲をお届けします。ちなみに僕はこのライブ、実際に行ってました。終始目から水が流れてました。笑

「AFTER LIFE」

「今、お前の周り、集まる人だかり。それもいつか去り、一人きりになり、俺だけ隣で寄り添う。そんな未来も楽しみさ」

こんなことを言い合えるように自分に恥ずかしくない生き方をしたいものです。

まとめ この程度では伝え切れない

今回は1回目ということで、かなり柔らかくUVERworldを紹介したつもりです。これからUVERworldを聞いてみる方、少しだけ聞いたことがあった方は是非参考にしてみてください。既存のcrewさんは温かい目で見守ってください。笑

最後になりますが、この記事は僕の独断と偏見です。同じ楽曲を聞いても違うことを思う人もいるし、好きになった時期が違えば感じることも全く違うはずです。あえて言及しますが、そこに古参とか新規ファンとかの区切りは要らないと思いますし、それぞれの意見があって良いと思っています。皆さんそこだけはご了承ください。最後まで読んでくれて有難うございました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事