【2020年夏】かなり危険!今年は熱中症がヤバイ

危険はコロナだけじゃない⁉︎

お疲れ様です、熱中症に侵された男:かーくんです( ✌︎'ω')✌︎
そうなんです、実はこの前熱中症になりかけた事があって、その時に「え?コロナ…?」と、とてつもない恐怖を味わいました。

梅雨が明け、日本各地で猛暑が続きそうです。そうなってくると怖いのは「コロナ」だけでなく「熱中症」です。気をつけることを調べてきましたので、熟読していってください。

①そもそも「熱中症」とは?

熱中症とは、体温が上がり、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温の調節機能が働かくなったりして、体温の上昇やめまい、けいれん、頭痛などのさまざまな症状を起こす病気のこと。

②どんな対策をすれば良いか?

水分をこまめにとる
塩分を程よくとる
睡眠環境を快適に保つ
バランスの良い食事を心がける

以上が基本の対策です。覚えておくだけで誰でも実践できます!これらは欠かさないようにしましょう。「喉が渇いた」タイミングでは遅いようですので、僕たちが思っているよりこまめに水分補給はした方がいいのかもしれません。

塩分を程よくとる

塩分もかなり重要です!塩分が足りずに熱中症になってしまう場合も少なくないようです。汗をたくさんかく時は、特に気をつけましょう。水分と塩分を一緒に補給できるものだと、「スポーツドリンク」「塩分入りタブレット」「麦茶」「アイス」などがあります。

睡眠環境を快適に保つ

睡眠時間はしっかり確保するのはもちろん、「睡眠環境」を整えることも重要です。「暑いのに我慢してエアコンをつけない」など言語道断です。室内でも熱中症になってしまう方も増えています。無理せずにエアコンを活用しましょう。

バランスの良い食事を心がける

最後は「食事」についてです。僕はひとり暮らしをしているので正直毎食バランスの良い食事を食べれているかの言われると、そうではないです、、。ただ、意識的に野菜を食べられるときは食べるようにしていますし、インスタント食品などはなるべく避けるようにしています、やはり不足しがちは野菜を意識的に摂取する事が大事なようです。

③熱中症かも、と思ったら。

めっちゃ分かりやすい。もしものためにブックマークを!笑

冗談はさておき、今年は熱中症患者が多いと言われています。なぜなら「マスク」を着用しているかたが多いからだそうです。「コロナ」に対策はするのに「熱中症」にかかってしまったら、それはそれで悲しいですよね。熱中症は誰にでも予防できる病気です。自分の体は自分で守ると言う意識をしっかりともち、自己管理していきましょう。

引用、参考:https://www.netsuzero.jp

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事