「やる気」と「集中力」を高めるために必要なこと。

お疲れ様です、かーくんです( ✌︎'ω')✌︎
本日は「やる気」と「集中力」についてお話ししていきます。

いきなりですが、「今日やる気出ないなぁ」ってコトありますよね。
僕は多々あります。体が疲れている時や、だるい時。純粋にやりたく無い時、理由は様々ですが、皆さんも経験したことがあると思います。

でもやらなきゃいけない。
好きなことだけやって生きていけないですからね。笑

今日は特別にそんな時に使えるメンタル術をお伝えします。

「やる気」を出すために。

僕は心理学とかそういった類は全くわからないし、調べてみてもどこのブログでも書いてあることは同じです。「難しい言葉を並べられても…」って思う人もたくさんいるはずです。ここでは僕なりの「やる気」の出し方をご紹介します。

かーくん「とにかく取り掛かる。」

「何かをやろう」と思い立ってもそのやる気は5秒経ってしまうとその気持ちは無くなってしまうのだそう。自分自身に「5秒ルール」を課し、「5、4、3、2、1」と数え、0になる前に動き出すようにすると、行動力は極端に上がります。自分だけで出来ないのなら、身近にいる人にお願いしてみましょう。きっと手助けをしてくれるはずです。

どうしてもやる気が出ない時は、思い切ってキッパリ気分転換をしましょう。微妙に取り掛かると時間効率も質も落ちてしまいます。適度に気分転換をとることは大事です。

「集中力」について

「人の集中力の限界は20分、30分」と言われてますよね。

それホンマかいな。

と、僕は思っています。笑
だってテニスの試合って何時間もやるし、僕もゲームを何時間もぶっ続けでやってる時もあります。

掃除をし始めたら、色々な所が気になって気付いたら数時間経っていた。ってのも良くある話ですよね。

ちなみに上の例えは「とにかく取り掛かる」に通じるところがあります。
ホコリの一つが気になっただけなのに、掃除し始めたら気付いたら凄く綺麗にしちゃうでしょ?そういうことです。とにかくやりましょう。笑

「集中力」という見出しを作っておいて申し訳ないんですが、集中力は人それぞれ続く時間が違いますし、その日のコンディションによっても持続時間は違ってくると思います。

ただ、僕が実践していることは「自分がどうしたら集中力が上がるのか」把握することです。僕は静かなところよりワイワイしてる方が集中できるし、1人より2人の方が集中できます。何かをやらなければいけない時はそういう状況を作り出すことによって強制的に自分自身を集中できる環境にブチ込みます。笑

まとめ

いかがだったでしょうか。少しでも参考になれば幸いです。最後に本日のまとめです。

  • 「やる気」を出すためにはとにかく取り掛かる。
  • 「集中」するためには、自己分析し、どうしたら集中できるかを考え、その環境にする。

では、またの機会に!かーくんでした!ϵ( 'Θ' )϶

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事