このアニメ見て泣けない人はいない!【四月は君の嘘】

もうすぐ夏が終わりますね!夏になると何故か感動モノのアニメ見たくなるんですが、その時につい見返したくなる感動アニメをいきなり紹介します!

あの超大作!!

【四月は君の嘘】

です!!

この作品は何故かもやもやしながら初めは見ていたんですが、最終回が近づくにつれてどんどん泣けてくるアニメです!

あらすじ

かつて指導者であった母から厳しい指導を受け、正確無比な演奏で数々のピアノコンクールで優勝し、「ヒューマンメトロノーム」とも揶揄された神童有馬公生は、母の死をきっかけに、ピアノの音が聞こえなくなり、コンクールからも遠ざかってしまう。

それから3年後の4月。14歳になった公生は幼なじみの澤部椿を通じ、満開の桜の下で同い年のヴァイオリニスト・宮園かをりと知り合う。ヴァイオリンコンクールでかをりの圧倒的かつ個性的な演奏を聞き、母の死以来、モノトーンに見えていた公生の世界がカラフルに色付き始める。

かをりは、好意を寄せる渡亮太との仲を椿に取り持ってもらい、渡と椿の幼なじみである公生とも行動を共にするようになる。公生はかをりに好意を抱くようになるが、親友である渡に気をつかって想いを伝えられないでいた。椿は公生のかをりへの恋心に気付き、また自身に芽生えた公生への恋心にも気付き苦悩する。

Wikipedia引用

ココまで見るとただの恋愛アニメっぽいですがそれだけじゃないんです!

このアニメのココが良い!

有馬公生と宮園かおりコンビ

主人公の有馬公生はお母さんの死後ピアノの音が聞こえなくなり、ピアノを弾くことを辞めてしまいます。そんなかどうしても公生にピアノを弾かせたい宮園かおりは半ば強引にピアノを弾かせるのですが、そのやり取りがまず面白いです!

自分の高校生活もこんな事あったなとか、なんだか甘酸っぱい青春みたいなものも味わえます!笑

もちろん公生くんもかおりに恋心を抱くのですが、決して好きだと告白しない一途な恋がまた愛らしい感じで、一途にずっと思い続ける公生を見ているとこっちもドキドキします!

すごくきれいな映像

音楽が題材なのでもちろん演奏するシーンもたくさんありますが、その絵の作り込みがすごくきれいです!

これはぜひ演奏しているシーンをアニメで見てほしいです。早く観に行ってほしい!!それくらいキレイだし、キレイに作られているからこそ感情が入って音楽が流れると涙が出そうになるんだと思うくらいです!

最終回で最大級の号泣ポイントが!!

ネタバレになるんで何も言えませんが1話から丁寧に丁寧に最後まで見ていると絶対に泣くと思います。

見てるとあれ?もしかしてって思うんですが、思っていても知った時になんでか自然と泣いてます。僕自身あまり感動し泣くタイプでは無いんですが泣きました。絶対に最後まで見てほしい!そんなアニメです!見て公開しない、自身をもっておすすめできるアニメです!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事